【ケロイド治療3回目】今回の注射が一番痛かった話〜上唇の経過報告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

こんにちは、ゆかです。今日は上唇の治療に行ってきました。怪我により上唇がぷくっと腫れ上がるという傷が残ったのですが、その腫れの原因がケロイド。私が受けているのは患部に直接注射をするというケロイド治療。今回で3回目だったのですが、今回の注射がめちゃくちゃ痛かった!!3回目にして初めて初めて涙目になりました…。

スポンサーリンク

ケロイド注射治療をすることに至ったあらすじ

2023年9月9日に自転車で転び、顔面から地面に落下。

雨上がりの路面を結構なスピードで走り、路面にハンドルをとられてそのまま顔から地面に叩きつけられマシタ。

結果、前歯を1本失い、顎と鼻下、上唇に傷跡が残るという代償を払う羽目に…。

事故直後の歯の治療についてはこちらの記事に書いてます↓

現在歯の治療は終わっていて、残りは顎と鼻下、上唇の傷跡の治療中です。

顎と鼻下はレーザー治療で現在も通院中。

歯と上唇の治療は保険適用なんですけど、顎と鼻下の傷跡治療だけは保険適用外で治療費が高額となりました。

傷跡レーザー治療の費用など詳しく知りたい方は下記記事をどうぞ↓

さて、唇にはレーザーが当てられないということで、別クリニックにて別の治療を行うことに。

診察してもらったところ、ケロイドが原因で傷跡になっているので、ケロイド注射での治療ということになりました。

ケロイド注射のメリットとデメリット

そもそもケロイドとはなんぞや?というと、通常の治癒プロセスが過剰になり、傷や切開部分の周囲に過剰な瘢痕組織が形成される状態のこと。

私の上唇も一部がぷくっと腫れ上がり、形が歪になってしまいました…。

上唇の治療にケロイド注射治療を行っているのですが、このケロイド注射治療法の最大のメリットは即効性があるということ。

その魅力的なメリットと引き換えに、デメリットもすごいです。

それは、めちゃくちゃ痛いということ。

ただでさえ注射が大の苦手な私は、なんとか注射治療だけは避けたかったんですけど、まあ手術よりは怖さはマシかと受け入れました。

ケロイド注射の治療法

麻酔なしに直接患部に注射針をぷすっと刺されて、ケナコルトというステロイド剤を投与されます。

初めて治療に訪れたときに

「麻酔ありませんか?」

と聞いたら、

「まあ、麻酔も結局注射になりますから痛いので意味ないですね」

と言われました…。

まあ、確かに…。

私の場合、ケロイド注射したら1ヶ月後に経過観察でクリニックを訪れて、まだ治療が必要ならその場でケロイド注射…という通院スタイル。

1回目にケロイド注射してもらって、2回目訪れたときに、

「あと1〜2回注射治療になりそうですね。」

と言われ、今回3回目。

「前回言われたとおりだと、今日はもう注射しなくていいかも。」

と期待していくも、

「まだケロイド注射必要ですね。今打っちゃいますけどいいですか?」

と言われて,

絶望…。

即効性あるのが売りのケロイド注射治療なのに、3回も必要って私の上唇ってそれほどひどい傷跡なのか???とさらに絶望…。

※自転車転倒事故以来、傷跡のショックに耐えられなさそうなため、一度も自分の顔を鏡で見ていません。

ケロイド注射は痛いという情報をあらかじめネットで得ていたのですが、

1回目:まあ、たしかに痛かったけど思ったほどではないな

2回目:あれ?全然痛くなかったんだけど???

と、想定よりは痛くなかったので、

( ✧Д✧) カッ!!
「ケロイド注射なぞ恐るるに足らぬわぁ!!!」

とケロイド注射治療のデメリットを克服したつもりでおりました。

しかし、それは間違いだったのデス

恐怖に怯えながら、その場での治療をお願いし、

「1回目の痛さを超えることはないだろう」

と高をくくっていたら、今回の注射はお噂通りの激痛!!!

めっちゃくちゃ痛かった!!!

あまりの痛さに、注射中、

「うぅ…い…痛い…痛い…痛い…」

とうめき声を上げ、半べそかくハメに…。

なんとか理性を保つことはできたので、大声で泣き叫ぶということはしなかったですが(てか注射針刺さったまま動くと余計に痛い)、心情としてはまさにこれ。

終わった後は、魂の抜けた声で

「アリガトウゴザイマシタ…」

というのが精一杯。

「いででででででで!!!!!!」

と痛みの余韻が残っていましたヨ…。

先生に、

「あと何回くらい注射治療必要そうですか…?」

とお尋ねしたところ、

「うーん、経過を見てみないとなんとも言えないですねえ…」

と言われてしまいマシタ…。

※2回目の先生とは違う先生でした。

今回超絶痛い思いしたんだから、今回の注射治療が劇的に効いて、ケロイドが消失してくれますように!

4回目も注射治療が必要で、今回バリの痛みだったら気絶するかもしれん。

注射治療した後、患部にテープ型絆創膏を貼ってくれるのですが、帰宅して外したところ…

布じゃなくてテープに血がついてた…。

傷口にピンポイントで貼っておいて欲しい…。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*